処分に困る粗大ごみは回収業者に依頼して処分しよう!

- 粗大ごみはどう処分すべきか

粗大ごみはどう処分すべきか

多くの方が処分に困るのが粗大ごみではないでしょうか。
一口に言っても様々なゴミが存在しますが、使わなくなった家電や大きな家具、他にも車のタイヤやホイール、バッテリーなども該当します。
このようなゴミは非常に処分が面倒で、自宅に起きっぱなしになる場合も珍しくないでしょう。
何らかの方法で処分することが必要です。

不法投棄は絶対にNG

しかし、通常は処分費用が掛かってしまいます。
量が多くなると処分費用が数万円掛かることもあります。
でも、だからといって不法投棄をすることだけは絶対にいけません。
ゴミを不法投棄すると多くの人に迷惑が掛かるだけでなく、行政処分や高額な罰金を請求されることもあります。
誰も見ていないとは限りませんし、そもそも禁止されている行為です。

通常は自治体に処分を任せることになる

粗大ごみの処分は、通常住んでいる自治体に処分してもらうことになります。
処分費用を支払うためにシールを購入し、ゴミに貼り付けておくのが一般的です。

処分場まで運ばないといけないケースも

しかし、場合によっては自分で処分場まで持ち運ばないといけないことがあります。
大きなものは、それだけで労力が必要になるでしょう。

大量に処分したいときは難しい

また、大量にゴミがあるときは処分も大変です。
処分費用をそれぞれ調べて処分場まで持ち運んでいては、時間も手間も掛かってしまいます。
非常に面倒なため、1~2点処分したい時以外はおすすめできません。

業者に回収を依頼する方法

最終手段としては、業者に回収をお願いする方法もあります。
住んでいる地域によっては業者が無い可能性もありますが、連絡するだけで引き取りに来てくれるので安心です。
持ち運びが困難な場合でも、基本的に業者が対応してくれます。
処分に困ったら、とりあえず連絡してみるのも良いでしょう。

大量処分も引き受けてくれる

また、業者は大量に処分したい場合にも引き受けてくれます。
そもそも処分が難しいものや、家一戸まるごとゴミを処分したいときなども、業者に任せてしまうのが一番楽な方法です。
業者によってはトラック一台に乗る分だけ引き受けてくれます。
料金もトラック一台につき幾らなど、固定されていることもあります。

業者の利用が一番ベストか

不用になったゴミが1~2点なら自治体に処分してもらうのがよいかもしれません。
ですが、それ以上になる場合や大きなものは、業者に任せてしまうのが一番と言えるでしょう。

更新情報