不法投棄するとどうなる?

- 不法投棄するとどうなる?

不法投棄するとどうなる?

通常、粗大ごみを捨てるためには、正しい方法で処分しなければいけません。
なぜなら有害物質やリサイクル可能な資源が使われているからです。
しかし、中には不法投棄をしてしまう方もいます。

不法投棄って?

そもそも不法投棄とはなんでしょうか。
不法投棄は、決められた方法でゴミを処分せず、通常認められない方法で山林などへ捨てることを言います。

山林へ投棄する事例が後を絶たない

近年は特に粗大ごみの不法投棄が後を耐えません。
普通に処分をしたら費用が掛かってしまうことが大きな原因です。
大きなゴミになると、処分費用が数千円~1万円を超えることもあります。
そのため、費用を掛けないために不法投棄をおこなってしまうのです。
人によっては繰り返すこともあり、山林がゴミ捨て場になっていることもあります。

不法投棄は犯罪行為にあたる

しかし、不法投棄は犯罪行為であり、原則認められてはいません。
何故捨ててはいけないのか、という疑問が出るかもしれませんが、理由は様々あります。
特に影響が大きいのは環境の破壊です。

環境を汚染する

ごみが不法投棄されると、環境に大きな影響を与えます。
影響が多少出るだけならまだしも、生態系を破壊することすらあるのです。
また、そこへ更に不法投棄が繰り返される構図を生み出しかねず、結果山林がごみだらけになってしまいます。
ごみがごみを呼ぶ、負の連鎖を呼び込むのです。

行政処分を受けることも

しかし、万が一不法投棄がばれてしまった場合、その土地の所有者から処分費用の賠償請求をされたり、行政処分を受けることもあります。
もちろん責任はゴミを捨てた人物にあり、罰金などを支払わなければいけません。

絶対に不法投棄をしてはいけない

不法投棄は絶対にしてはいけません。
それなら自治体や業者に回収してもらうことを選びましょう。
迷惑を掛けるなら、正しい方法で処分することが大切なのです。
大量に処分したいときは業者などに相談してみましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »