処分はどこに任せるべきか

- 処分はどこに任せるべきか

処分はどこに任せるべきか

粗大ごみを処分する場合、主に自治体か業者のどちらかへ依頼することになります。
でも、どちらを利用したら良いのでしょうか。
そのように迷ってしまうかと思います。

自治体に処分を任せる

自治体に処分を依頼する方法は最もポピュラーです。
現在済んでいる自治体の担当窓口へ電話で連絡し、所定の方法に従って処分することになります。
処分に困ったら、まず連絡してみるのが良いでしょう。

処分費用は安い傾向にある

自治体によって異なりますが、処分費用は一番安く済む方法と言えます。
ものによっては数百円から、高くても数千円程度で処分可能です。
不用なものが1点や2点で、かつ処分費用を抑えるなら検討の余地があります。

様々なものを処分可能

また、自治体では様々なものを処分してもらえます。
例えば壊れた家具や一部の家電のように、通常は処分に困ってしまうものでも対応しているのが一般的です。

処分方法が異なる

しかし、メリットばかりのような自治体も、デメリットは存在します。
ものによって処分費用が異なり、また処分ルールが違うといった点です。
自治体ごとに独自のルールが定められているため、それに従わなければいけません。
引っ越した方などは、以前住んでいたところとはルールが違うこともあります。
必ず確認するようにしましょう。

業者に回収をお願いする

もう一つが業者に依頼する方法です。
民間の業者に利用する方法はかなりお手軽であり、連絡すれば引き取りにきてくれます。
とても簡単に利用できますが、処分したいごみが少ない場合は、自治体に依頼するよりも処分費用が高くなる可能性もあります。
ただ、処分したい粗大ごみの量が多いなら、業者に任せてしまうのが良いでしょう。

しっかり使い分けよう

自治体と業者では処分方法も費用も異なります。
業者は連絡して引き取りにくるのを待つだけですが、自治体はそうもいきません。
どちらもメリット・デメリットがありますので、じっくり検討してから使い分けましょう。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »