自治体で処分する利点と欠点

- 自治体で処分する利点と欠点

自治体で処分する利点と欠点

粗大ごみを処分・回収する方法としては、自治体に依頼する方法もあります。
自治体に処分してもらうことの利点は様々あり、処分方法に困ったらまず検討すべきと言えるでしょう。
では、どんな利点があるのでしょうか?

一番手軽に処分してもらえる

まず自治体に処分を依頼する一番の利点が、一番簡単だということです。
電話で自治体に連絡をし、コンビニなどで粗大ごみの収集用シールを購入します。
その後は所定の場所へと持って行き、処分してもらうだけです。

ただ、自治体により処分方法は異なるので注意しておきましょう。
ルールに従うことが大切です。

費用も安く済ませられる

また、費用を安く済ませられるというメリットもあります。
当然不法投棄は論外ですが、場合によっては業者に依頼するよりも安く処分できるのです。
全てのゴミがそうとは限りませんが、処分費用を抑えたいなら自治体も検討してみましょう。

大量処分には向いていない

一方自治体に依頼することのデメリットは、大量処分には向いていないということです。
通常は処分したいゴミごとに連絡や申し込みをする必要があり、ものによっては収集場所が異なるケースもあります。
また、ゴミを所定の場所まで運ぶ手間もかかってしまうため、大量に処分することになると、それだけ運ぶ手間も増えてしまいます。
労力と時間が必要になるでしょう。

費用が高額になるケースもある

粗大ごみの量が多くなれば多くなるほど、処分費用も高額になります。
全部で数万円かかってしまうこともあるため、あらかじめ見積もりを出しておくことも重要です。
あまりに多いときは、費用と相談しながら決めることになるでしょう。

自治体に依頼するかはケースバイケース

自治体に依頼する方法は一番簡単です。
しかし、大量処分すると費用や時間・手間などの面で大きな欠点があるため、場合により業者へ依頼するのがよいでしょう。
特に大量処分するような場合、業者のほうが安く済む可能性もあります。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »